会社情報

トークス行動計画

一般事業主行動計画

次世代育成支援対策推進法の主旨を踏まえ、従業者が働きやすい職場環境をつくることによって、すべての従業者がその能力を十分に発揮できる職場を構築するため、次のように行動計画を策定する。

計画期間

2019年4月1日~2024年3月31日までの5年間

内容

雇用環境の整備

目標 計画期間内に育児休業の取得状況を向上させる。
  • 男性従業者  育児休業取得についての啓蒙活動強化
  • 女性従業者  取得率を100%にすること
対策 2019年4月以降
継続的に社内の諸会議や文書発信等を通じて周知・啓発を強化する。

労働条件の整備

目標 時間外労働の低減と年次有給休暇の取得しやすい職場環境を構築する。
対策 2019年4月以降
  1. 安全衛生委員会の活用、文書通知、朝礼・終礼時の周知
  2. ノー残業デーの徹底による時間外労働の削減
  3. 時間外勤務管理表による時間外労働の適正指示・管理
  4. 出勤簿システムによる労働時間および休暇取得状況の把握・管理
  5. 年次有給休暇の取得しやすい職場風土の構築
  6. 年次有給休暇取得予定表の作成による休暇取得推進
  7. 夏期・冬期特別休暇の計画的取得推進
  8. GW、お盆、年末年始および飛び石連休等を活用した連続休暇取得の推進
  9. 看護休暇取得の推進

女性活躍推進法に基づく行動計画

女性社員を増やし、女性が活躍できるよう次のように行動計画を策定する。

1. 計画期間

平成28年4月1日~令和3年3月31日

2. 当社の課題

そもそも、女性の応募者が少ない。※平成26年度 正社員1人

3. 目標と取組内容・実施時期

目標:採用者に占める女性の人数を2人以上にする。

≪取組内容≫

平成28年4月~  女性を採用するうえで、各部門とヒアリングし課題を把握する。

平成29年4月~  配置可能な就業場所を検討する。

平成30年4月~  ホームページや会社案内の見直しを検討する。

平成31年4月~  女性の応募者を増やすため、学校へ積極的にアプローチする。
採用状況を分析し、翌年度の採用活動に向けた解決策を検討する。

女性の活躍に関する情報公表
◇採用した労働者に占める女性労働者の割合(令和2年3月31日現在)
男性 女性
正 社 員 : 84.6% 15.4%
再雇用者: 96.0% 4.0%
専任社員: 92.9% 7.1%
臨 時 員 : 71.4% 28.6%
◇男女の平均継続勤務年数
男性:9.5年  女性:12.4年