会社情報

社長挨拶

「第2の創業」は
私たちの強い決意と
確かな自信の表明です。

株式会社トークス 取締役社長
中山 哲克
Noriyoshi Nakayama

1989年の創業以来、当社は東北電力株式会社・株式会社ユアテックの企業グループの一員として、「警備部門」「施設管理部門」「お客さまサービス部門」の三本柱で事業活動を展開してまいりました。東北電力企業グループの再編により「お客さまサービス部門事業」が吸収分割され、2015年7月から「警備部門」と「施設管理部門」を中核とした新体制で再スタートすることになりました。

近年、電力業界を取り巻く環境は大きく変化してきており、電力自由化の進展もその一つであります。今、私たちは大きな転換期を迎えています。そのため、当社ではこの事業再編を契機に企業グループとの関係を強化する一方で、警備事業と施設管理事業のプロフェッショナル集団としての深化と自律に積極的に取り組んでいく方針です。その将来像を具体化したのが「新生トークス2020事業運営の方向性」です。

この考えの最大のポイントは、お客さまの満足度と従業員のやりがいの向上です。私たちの仕事は、一般の方の目に触れる機会は少ないかもしれませんが、電力の安定供給に深く関わっており、地域の安全と安心を提供している企業であることの自覚と行動に努め、お客さまの満足度を高める業務を行ってまいりたいと考えております。また、組織力の強化や職場環境の充実などを図り、従業員一人ひとりがやりがいを持って明るく元気に働くことができる体制づくりをさらに進めてまいります。

「新生トークス2020事業運営の方向性」に掲げた「第2の創業」は、企業としての単なる節目を表現した言葉ではありません。新生トークスとしての強い決意と確かな自信の表明であり、今後はその一つひとつを具体的な行動でしっかり示していきたいと考えています。

中山 哲克(なかやま・のりよし)

昭和32年11月29日生まれ。昭和55年4月東北電気工事株式会社(現株式会社ユアテック)入社。平成12年8月株式会社ユアテック営業本部設備技術部課長、平成16年8月同社福島支社設備部内線課長、平成17年7月同社福島支社設備部部長兼電気設備課長、平成18年3月同社福島支社副支社長兼設備部長、平成20年3月同社福島支社副支社長兼営業部長、平成24年6月同社執行役員岩手支社長、平成27年6月同社取締役新潟支社長、平成29年6月同社常務取締役新潟支社長、令和元年6月同社退任、株式会社トークス取締役社長(現在に至る)